さよなら ミスターデヴィッド・ボウイ!

先月デヴィッド・ボウイ(1947年1月8日午前9時ロンドン生まれ)が、自身の誕生日の2日後、肝臓がんのために亡くなりました。ごく限られたミュージシャンや作曲家を除いて、私がロックシンガーのファンになることはあまりありません。ですが、ジム・モリソンモリッシー、そしてデヴィッド・ボウイは、ティーンエイジャーだった頃の私のアイドルでした。ボウイはその他にも役者として、私が敬愛するカルト映画のいくつかで演じています。ボウイは日本文化の崇敬者でもありました。
e0182773_20443046.gif
David Bowie
born in Jan 8/1947
at 9am
in London, UK





ボウイは創造的かつ独創的な方法で、彼自身の芸術的側面を何十年もの間、表現し続けるという才能の持ち主でした。彼は私たちの時代の文化的動向と共鳴する方法を知っていたのです。彼の芸術は、完全な大衆向けというわけでなく、かといって、ハイブロウなインテリの人向けというわけでもなく、全ての世代の異なる層の人々に評価されていたと思います。彼の人物像は風変わりでもあり、魅力的でもありました。派手な風貌や振舞いがオシャレとされた60年代から80年代という時代を生きました。のちに、マドンナやレディ・ガガのように極端で派手な服装でいることがメディアうけする典型イメージとなったのです。ボウイを特異な存在にさせたのは、彼が自身の奇抜な表現方法を発展させたからのことでしょう。

デヴィッド・ボウイはまさしくダンディの形容そのものと言え、それはフランス的でした。ここでダンディという言葉について書きたいと思います。というのは英語とフランス語では言葉の持つニュアンスが異なるからです。単語自体は英語由来の言葉なのですが、その意味合いには深みがありません。英語でダンディな人というと、優雅で洗練された風貌を持つ人、ということになりますが、フランス語では、神話になったり、ダンディズムと呼ばれる芸術的で文学的な運動にむすびつくような人物像をさすのです。

19世紀後期から20世紀初期にかけてのフランスでダンディになるということは、即ち、風変わりで、独特で、創造的であるということでした。デカダンス(退廃主義)において、ダンディは、ある種の英雄として扱われました。個人主義的、反社会的に敢えてなることで、保守的な社会への異議を唱えたのです。特に芸術家の中に、独自の考えを持ち、独自の服を来て、独自の振る舞いをするという、ダンディの主張を理解し、賞賛する人々がいました。

ボウイが、深刻さと堅苦しさ、臆病と憂鬱のサインである山羊座だったと知って、私は相当に驚きました。けれどもすぐに、その矛盾は消え去りました。デヴィッド・ボウイは、夜会服が必須の晩餐会で、スモッキング刺繍の服を着ているかのように、ビックリするような形式ばった極端な服を着て非常にシリアスな振る舞いをしたのです。彼は自分のことをいつもは堅苦しくて内気な人間で、ステージの上でだけオープンになり生きてる感じがするのだと語っていました。彼のビデオや写真や映画を観てみれば、インタヴューやファンに対して感謝を述べている時以外に、殆ど笑顔を見せていないと気づくでしょう。

ボウイというダンディな人物は日本のファッションデザイナー山本寛斎のサポートを得ていました。山本寛斎もまた、伝統と革新の両方を取り入れた、エレガントで華麗な山本寛斎スタイルにふさわしい恰好のモデルとしてボウイを見出し、そしてそれは英国ミュージシャンの自己表現としてお決まりのスタイルとなりました。また、ボウイは女形の坂東玉三郎にメイキャップを習い、それは彼の中性的なイメージを発展させる助けとなりました。

土星は憂うつの凶星と言われますが、山羊座の支配星です。デヴィッド・ボウイはうつでした。彼の最後のアルバムは、遺言かあるいは最後のメッセージとも受け取れる「ブラックスター」というタイトルでした。彼の出生図の土星の危機的なトランジットは、彼の人生に強烈な爪痕を残しました。いくつかをみていきましょう。まずは1962年、トランジットの土星が水瓶座にあった頃、彼の獅子座の土星がその向かいにあってオポジションを形成していました。これが彼の青春時代の入口でした。当時、彼の好きだった女性のことで友達とけんかをして顔面を殴られ、危うく片目を失う怪我をしました。彼の左目の瞳孔は一生開き放しとなり、それで彼の目は奇妙になってしまったのです。それから2004年には、コンサートでファンの投げたロリポップ(棒付きキャンディ)が目に当たり、この年に心臓病を患ったのです。土星が彼の山羊座の天体たちとオポジションの位置に来ていました。

さて、土星のトランジットが私たちの人生を激しく変化させうることは、周知の通りです。でも、ボウイの目にどうしてこうも集中してしまったのでしょうか。彼のチャートには、木星と海王星と12室の複雑に込み入っている状況が明らかに見て取れます。これらはみな、目と視るということに関係するものばかりです。

彼の太陽は12室で火星と合を結んでいます。水星は11室、12室にかかっていて、12室の支配性である海王星とスクエアの位置にあります。水星は五感のうちで視覚に関係しており、海王星(混乱)と12室(病院)の存在がボウイの目に問題を引き起こしやすくさせていたということです。ですが、12室はヴィジョン、情報、知恵の天体である木星とも関連しています。片目に衝撃を受けたということは、ボウイの片方の目を世界の事象へと開かせ、もう一方の目を彼自身の内なる人生へと向かわせたということを意味しています。ゲルマンの神オーディンは、ローマのユピテル(ジュピター)にあたりますが、いつも片目で姿を現すのです。

ボウイが最初の土星回帰を迎えていた頃、彼は薬物中毒から復帰するために、陰鬱な場所、スイスとベルリンで過ごすことが度々ありました。12室と海王星はどんな中毒であれ引き起こさせる傾向があります。結局、ボウイは中毒に打ち勝ち、仏教と瞑想に開眼します。チベット僧侶と親交を持つことにもなりました。

戦場のメリークリスマス」以上に私がお気に入りのデヴィッド・ボウイ出演の映画は「地球に落ちて来た男」(伝説の監督ニコラス・ローグ)と「ハンガー」(監督トニー・スコット)です。最初にボウイが演じたのは、水の探索で地球に降り立った宇宙人の役でした。地球の誰も彼を信じず、彼はアルコール中毒になってしまい、そしてこの地球に永遠に囚われたままになってしまうのです。乾燥、疎外感、孤独というのは、土星的なテーマです。「ハンガー」では、ボウイは年をとり始めた吸血鬼(ボウイのチャートには非常に強い冥王星があり、冥王星はセックスと吸血鬼に関係しています)を演じました。吸血鬼は死ねないのですが、ミイラのようになり生きることは止められませんでした。これは、やがては死に消え去らねばならないということを受け入れられない、主役やロックスターというテーマに関連した映画でした。

デヴィッド・ボウイは彼のこの人生で霊的な学びを得て、彼の使命をやり遂げたのだと、私は確信しています。私の大好きなボウイの歌スペイス・オディティの中で、宇宙飛行士トム少佐はこう語るのです。

I'm stepping through the door
And I'm floating in the most peculiar way
And the stars look very different today
For here am I sitting in my tin can
Far above the world
Planet Earth is blue
And there's nothing I can do

今私はドアを超えているところだ
すごく妙な感じで浮かんでいる
今日は星が全然違って見える
僕は世界のはるか上のブリキ缶に座っている
惑星地球は青く、
僕にできることは何もない

(終)

ご冥福をお祈りします。

___________________________

GOOD BYE MR BOWIE

This last January, two days after his birthday, David Bowie (born in Jan 8/ 1947, at 9am in London, UK) died of liver cancer. Except for very few musicians and composers, I was not very much of a fan of rock singers, but together with Jim Morrison and Morrisey, Bowie was one of my idols when I was a teenager. Besides, as an actor, he played in some cult movies I respect very much; and, he was an admirer of Japanese culture.

Bowie had the capacity to reinvent his artistic persona throughout the decades in a creative an original way; he had a way to resonate with the cultural pulse of our time; he was not totally pop, but not totally high-brow cultured. He was appreciated by different social groups of all ages. His persona was both weird and attractive; he lived in a time, from the 60’s to the 80’s when being and behaving in an extravagant way became fashionable. Afterwards, being excessive and flamboyant became a media stereotype, such as Madonna, or Lady Gaga, among them. What makes Bowie unique is that he developed an art of his extravagance.

David Bowie was real a dandy, in a French way. I would like to talk about this word because it has different connotation in English than in French. Although the word comes from English, the meaning in this is flat; a dandy is someone very elegant and occupied of his personal appearance, and not necessarily an eccentric; in France, the persona of the dandy became a myth, an artistic and literary movement called dandyism.

To be a dandy, in the late XIX and early XX centuries in France, meant that you were eccentric, unique and creative. The dandy became a sort of hero in a decadent society. A dandy challenged conservative society because he dared to be individualistic and anarchic, he had his own way of thinking, dressing and behaving; some people, especially artists admired and understood the message of a dandy.

I was very surprised when I learned that Bowie was a Capricorn, the sign of seriousness and formality, shyness and melancholy. But on second thoughts, I saw no contradiction. David Bowie was very serious in his demeanour, he worn astounding and extravagant accoutrements in a very formal way as if he was wearing smocking, required evening clothes, for a formal dinner. He used to say that he was normally stiff and shy, and that he only felt alive and open on the stage. If you see his videos, photos or movies, except in some interviews or moments when his thanking his fans, he rarely smiles.

This dandy found his best support in a Japanese fashion designer, Kansai Yamamoto; this Japanese artist also found a great model in Bowie, Yamamoto’s style, elegance and lavishness, mixture of tradition and innovation, became the code for the British musician to express himself. Bowie was also trained in make up by onnagata Tamasaburo Bando, which help him to develop his androgynous image.

Saturn, the black star of melancholy, is Capricorn’s ruler; David Bowie was a melancholic, his last song and video, which is a sort of testament or last message, was ‘Blackstar’. Critical transits of Saturn in his natal chart left strong traces in his life. We can identify some. One was in 1962 when Saturn in Aquarius was making and opposition to his natal Saturn in Leo; it was his entrance into adolescence. He was fighting with a friend for a girl he loved, he was punched in the face and almost lost one eye; his left eye remained with a dilated pupil for ever; this gave his a bizarre gaze. In 2004, he was again hit in the eye by a lollipop a fan threw in a concert; the same year he had heart troubles; Saturn was opposing his planets in Capricorn.

Well, we know that some of Saturn’s transits can change our life in a hard manner; but why this insistence on Bowie’s eye? His chart shows a remarkable intricacy of Jupiter, Neptune and the 12th House; all this is associated to the eyes and to vision.

His Sun conjuncts Mars in the 12th House; Mercury is both in the 11th and 12th Houses, and, it squares Neptune (ruler of the 12th). Mercury is associated to seeing, one of the five senses; so the presence of Neptune (confusion) plus 12th House (hospitals) made Bowie’s eyes prone to accidents. But the 12th House is also associated to Jupiter, the planet of vision, knowledge and wisdom. Having an impact on one eye means that Bowie had to keep an eye open to worldly matters and the other eye turned inside his inner life. Wotan, the German god equivalent to the Roman Jupiter, appeared always with one eye covered.

Around his first Saturn’s return Bowie spent some time in Switzerland and Berlin, gloomy places, to fight and recover from his addictions; and yes, the 12th House and Neptune make people prone to any kind of addictions. Bowie beat them and opened himself to Buddhism and meditation; he was familiar with the Tibetan lamas.

More than Furyo (Merry Christamas Mr Lawrence), my two favourite movies with Bowie are ‘The Man Who Fell To Earth’ (by legendary director Nicholas Roeg), and ‘The Hunger’ (directed by Tony Scott). In the first he plays an alien who comes to Earth in search of water; nobody believes him, he becomes an alcoholic, and he remains trapped in our planet for ever. Dryness, alienation, and loneliness are Saturnian themes. In ‘The Hunger’ he plays a vampire (Bowie’s chart has a very strong Pluto, a planet associated with sex and vampirism), who starts aging; so he cannot die, but he cannot stop becoming a sort of living mummy. This last movie deals with the theme of divas and rock stars who cannot accept that they have to die and disappear.

But I am sure David Bowie learned his spiritual lesson and accomplished his task in this life. As the astronaut, Major Tom, in my favourite Bowie’s song (Space Oddity) says:

I'm stepping through the door
And I'm floating in the most peculiar way
And the stars look very different today
For here am I sitting in my tin can
Far above the world
Planet Earth is blue
And there's nothing I can do

(the end)
[PR]

by Xavier_Astro | 2016-02-01 00:00 | 人物  

<< 星の王子さま 新しい生き方を創造する女性たち... >>