12星座における愛とセックス(2)

水のサインの月に比して、風のサインの月は愛とセックスに関しても論理的に扱います。風の月の人は冷静で客観的態度を取ります。こうしたテーマにも知的関心を抱くところから入り、関係性における理想的行動モデルを自らデザインしようとします。ですが、そうは言っても月は月なので、生物学的には衝動や感情の状態は、個々人特有の法則に左右されるというわけです。私たちはみな自然から生まれた子どもなのですから。動機づけや理由づけをしようとすればする程、自然の法則が状況を支配してゆきます。風の月の人に見受けられるはっきりとした傾向は、自分の考えることと実際に感じて行動することが、分離してしまうということです。



風の月の人は、パートナーにとってとても魅力的です。というのは彼らは会話を通じて意見交換することで、パートナーは自分が理解され評価されていると感じさせることが好きなのです。ただし、二つ問題があって、ひとつは関係性が近くなり緊密になると、徐々に距離を作り、やがては感情レベルでの繋がりを切ってしまうこと。もうひとつはもっと複雑な話ですが、自分はある時には分別があり理解のある人間かもしれないが、ある時にはきわめて攻撃的で感情的な人間にもなりうるのだ、という二つの側面を相手に見せ始めるのです。

どういうことか、2つの事例を挙げて説明しましょう。まず最初に、距離を作る態度というのは、自分がパートナーに感情的に巻き込まれそうになった時に咄嗟に取る防衛システムの働きによるものです。つまり、本当の感情が掻き乱されて自分を脅かすので、本能的に自分自身を抑制しようとするわけです。その結果、距離を作り相手を遠ざけ、繋がりを切ってしまいます。まるでその人がそこに存在してないかのように扱うのです。

2つ目の事例ですが、その人の精神が、たとえ内に秘めた真実が露わにならないようにしたとしても、否定され押し込められた葛藤や、怒り、嫉妬、恐れなどは次第に現れ出てきてしまいます。この状況に陥れば、苦しみもがき、さらなる他の苦しみをも生んでしまい、たいていは悪循環に陥り抜け出せなくなります。風の月の人は、状況を掌握できている時は、落ち着いているし明晰でいられるけれども、それが分かっているからこそもう二度と過剰反応はしないと誓ってみせるのに、再び感情を掻き乱されるとたちまち元に戻って同じことを繰り返してしまうのです。月の周期は短いですから、少なくとも月に1、2度は、同じ状況に陥るというわけですね。

私が思うに、この2番目のパターンは痛みを伴うけれども、完全に繋がりを切ってしまうよりは、ましなのではないかと思います。もちろん健全なのは、本当の感情を受け入れて、感情がどのようにして起こるのかその論理を理解することです。

双子座の月は他の月の人よりも、感情や心理的プロセスと性衝動とを分離してしまう傾向が強いと言えます。変わりやすいこと、絶え間なく変化し続けること、経験することへの好奇心と必然が双子座の特徴ですが、これが厄介な行動パターンを引き起こすこととなります。

だいぶ前になりますが、私のクライアントに27歳の若い男性で、太陽が獅子座で、双子座の月が8室(性と死)にある人がいました。16歳で性的初体験をして以来、女性とのセックスがやめられず、これまで一日もしなかった日がない、と言うのです。独りで寝ることを考えただけでパニックになってしまうので、女なら誰でもいいから、自分と寝るように誘い込むのだそうです。彼は緊急に備えて、呼び込める女性の電話番号リストを作っていました。今のように携帯電話が無かった時代のことなので、今よりずっとたいへんだったことでしょう。彼は獅子座で生来女たらしのハンターでしたから、それがある意味、役に立ったのだと思います。

この話を聞いて私は唖然としましたが、セックス中毒に陥る背景には、死(8室)への恐れと、母親の愛(月)への強迫観念的な欲求が隠れているということを理解する助けになりました。このことは、8室に月がある場合、もしくは冥王星が月とアスペクトを結んでいる場合、それがどの要素の月であれ、同じことが言えると思いますが、風の要素の双子座は、その移り気な性質がゆえに、理解するのがずっと難しいように思われます。くだりの男性は、日中の出来事などすっかり忘れてしまって(繋がりを切る)すっきりと目を覚ますのでしょうが、夜になると再び不安になって、恐怖で手に汗を握るのでしょう(双子座は手を支配する)。たとえ衝動を抑えきれずに自慰行為をしたとしても事足りず、生身の女性と肌を重ね合わねば満足できないのです。

まぁ、これは極端な例ですが、風の月の人には、特有の傾向があることを伝えたくて、敢えて書きました。天秤座と水瓶座の月の人は、もっとずっときちんとしています。

天秤座の月の人は、関係性に何を求めるのかとても明瞭なイメージを持っています。どんな関係性であれ、例えば結婚するかしないか分からなくても、関係性を育める可能性があるものとして相手と関わろうとするのです。相応しい相手を見つけるという単なる考えですら、彼らにとっては媚薬になり得ると言ってもいいかもしれません。時間がどれだけかかったとしても、いったんこの人と決めたら、その関係性のためならどんなことにでも立ち向かってゆくでしょう。天秤座の金星の性質は、彼らを優しくて魅惑的にさせますが、いったん感情的に巻き込まれると、牡牛座的な強い性衝動を表すのです。

天秤の月は、対立することを否定しバランスする必要性を示しますが、それがあまりに狂信的です。パートナーや事態に落胆させられるようなことがあると、非常に攻撃的になり、暴言を吐いたり暴力を振るったりします。これは天秤座から向かいにある牡羊座の対極の性質への急な転換の現れでしょう。

太陽が蟹座で、7室(天秤座の室)に水瓶座の月のある友人の話ですが、彼は人が何故落ち込むのか理解できないし、人生で一度も落ち込んだことなんかないと言い切っていました。それに対し私は何も言えませんでした。何故なら、それはよくないことだ、落ち込んだことがないなどというのは、無意識の闇を否定し、向かい合わずにいることを示しているからだ、などと彼に言いたくなかったのです。無意識の闇の側面は、病気や、精神的に悪転するような非常に有害な現れ出方をします。私が何も言わなかったもう一つの理由は、この友人は、水瓶座の月が7室という個人的な友情や交流関係の部屋にあったので、自分が否定されることを大目に見たり受け入れることができないという星回りだったからです。

この世における完璧な調和を意味する水瓶座の月の人が体験せねばならない本当の感情とは、どのような性質のものなのでしょう?先ず第一に、関係性を通じて、それが個人的なパートナーとの関係性であれ、社会における関係性であれ、感情的に振る舞うことができるということです。先ほどの私の友人の場合ですが、パートナーとの関係性はとても複雑で、時には暴力沙汰も起こすほどです。彼は香港に暮らしていますが、世間の文化的振る舞いの中でいつも葛藤を繰り返しています。彼は時に極めて客観的になりその批判的態度たるや相当なものですが、内在する怒りとネガティヴィティを外の世界に投影するためにそうしているのだと、自分で理解するのは難しいことのようです。

風の月の人が感情の本当の世界に関わる方法は、金属的プロセスの論理(風)及び感情の論理(水)を受け入れることです。これを感情的知性と呼びます。風の月の人がいったんこのことを理解し、そして経験することの痛みや、風の性質である客観的知性、理解すること、伝達能力、社会に適合することに自らを開いて行くならば、現実だけれども不可思議な感情と変容の繰り返されるこの世界にあって、幸福への道へと導かれることとなるでしょう。(終)

12星座における愛とセックス(1)
12星座における愛とセックス(3)
─────────────────────────────────

LOVE AND SEX IN THE ZODIAC II
         
In contrast with Moon in watery signs, the Moon in airy signs approaches love and sex with logic; people with this kind of Moon adopt a detached and objective attitude. They start being intellectually curious about these subjects and then design a model of ideal behaviour about relationships. But the Moon is the Moon, which means that biology, impulses and emotional conditions are ruled by their own laws; we all are nature’s children. The more the person intends to impose her reasoning, the more nature takes control of the situation. There is a clear tendency for people with Moon in air to experience a split between what they think and what the feel and do.
           
Moon in air can be very attractive to partners; the person likes to communicate, exchange ideas and make the partner feel understood and recognized. But two main issues can emerge; one is that the person with the Moon in air starts being very close and intimate and then gradually becomes distant and eventually emotionally disconnected; the second is more complicated; the individual with Moon in air starts giving double messages, at times he can be very reasonable and understanding, at others, he can become too aggressive and emotional.
         
Why is this? In the first case, the distant attitude is a mechanism of defence activated when the person becomes emotionally involved with the partner. Let us say that the real emotions that are stirred threat the individual and he or she tries to repress them instinctually. The result is distance and disconnection, as if the person was not there.
         
In the second case, the psyche of the person grabs the opportunity to express the inner true and then the conflict, the anger, the jealousy, the fears that were denied come into view. People in this situation suffer a lot and make other suffer enormously. Normally these people become trapped in vicious circles; when they are in control they feel stable and clear, then they promise never again to have an extreme reaction; but when emotions are stirred again, they go back through the same behaviour. And the Moon’s cycles are short, these happen at least once or twice a month.
         
Personally, I think this second pattern, though painful, is safer that the total disconnection. Sure, the healthy way is to assume real emotions and learn how to understand the logic of emotions.
         
With the Moon in Gemini, the tendency to dissociation between emotions, mental processes and sexual drives is stronger than other positions. The mutability of Gemini, the constant switch, the curiosity and the need to experience, can provoke complicated patterns of behaviour.
         
Many years ago, I had a client, a young man of 27, a Leo with the Moon in Gemini in the VIII House (house of sex and death), who told me that ever since he had had his first sexual experience when he was 16 years old, he had never stopped having sex and sleeping with a woman, for any single day of his life. Just the idea of sleeping alone would make him panic, so he had to seduce all kinds of women in order to sleep with him. He even had a telephone list of girlfriends for emergencies; this was before the mobile era, so things must have been more complicated then, though being a Leo, a natural seducer and hunter, would help him.
         
I was dumfounded with this case; but it helped me understand how behind a sex addiction there is always fear of death (VIII House) and a compulsive demand of motherly love (Moon). This can also be said about any Moon in that house or about any contact Moon Pluto; but the airy quality Gemini, its mutability, would make the understanding more difficult. The chap would wake up fresh and forget about his issue during the day (disconnection), but in the evening he would start feeling anxious and his hands sweat with fear (Gemini rules hands). Even compulsive masturbation would not help; he needed the physical closeness of a woman.
         
Sure, this was an extreme case; I mention it because it illustrates a certain tendency with a Moon in airy signs. Moons in Libra and Aquarius are naturally more organized.
         
A man or a woman with Moon in Libra tends to have a clear image of what she or he wants in a relationship; the person has an agenda and approaches any kind of relationship as a possible prospect for building or not building a marriage relationship. We can go as far as to say that the mere idea of finding the right partner becomes a sort of aphrodisiac for them. It can take years but once the person decides to commit, she will do anything to fight for the relationship. The Venus quality of Libra makes these persons gentle and attractive; when involved emotionally, the same Venus quality brings about the Taurus strong sexual drive.
         
The issue with this Moon is that the person’s need of balance, her denial of conflict, becomes almost maniac; the paradox is that when the partner or any other circumstance disappoints her, she or him becomes very aggressive, verbally or even physically. There is a sort of swing from the Libra to the Aries.
         
I have a friend, a Cancer, with the Moon is Aquarius in the VII House (house of Libra); he once told me that he could not understand why people can become depressed, that he had never been depressed in his life. I did not say anything; first because I did not want to tell him that that was not good news; never been depressed denotes a denial and a lack of contact with the dark side of the unconscious. The dark side can emerge in a very negative way, as an illness or as a process of mental deterioration. Second reason I kept my mouth shut was that this friend of mine, with his Moon in Aquarius in the house of personal friendships and relationships, cannot tolerate to be contradicted.
         
So what kind of resources a person with a Moon in Aquarius, the sign of perfect harmony in the world, can have to experience emotional reality? First, through relationships, either with a partner or with the social circle, she can be provoked emotionally. In the case of this friend of mine, he has had very complicated relations with his partners, even with some physical violence; and he lives in constant struggle with the cultural attitude of society, Hong Kong in this case. He can be very objective, his criticism can be adequate, but he cannot see that he is using it to project all his anger and negativity.
         
The way a person with Moon in air can have access to the real world of emotion is to accept that one is the logic of metal processes (air) and other is the logic of emotion (water). We call it now emotional intelligence. I have seen that once people with Moon in air understand this and open themselves to the painful experience, the qualities of air, objective intelligence, understanding, communication, socialising, can lead them to the path to happiness in the real and mysterious world of emotion and transformation.(the end)

LOVE AND SEX IN THE ZODIAC I
[PR]

by Xavier_Astro | 2015-06-01 00:00 | 占星術  

<< 12星座における愛とセックス(3) 12星座における愛とセックス(1) >>