習慣について(1)

「習慣で、いつもの癖で」というのが、毎日の生活をどう送るかについて、私がいろいろ考えることになった、最初の英語表現でした。それは、私が8歳で、新しい学校のカリキュラムに追いつくために受けていた個人授業の時のことで、先生は、custom と routine と habit の違いを詳しく説明していました。

それから、私は悪習慣というのがあることも学びました。それは刺激的だけれども、悲惨な結果を招くのです。例えば、コーラにコンデンスミルク、ロリポップやらスティックキャンディなんかを毎日食べていたら、虫歯になって恐ろしい歯医者に通わねばならなくなった、とかそういうことです。怖いですね。



土の要素の人は、他の要素の人たちよりも、習慣については容易に受け入れられるし理解することができます。一方、火のサインの人は習慣に対してあまり寛容ではありません。それから同じ要素のサインでも、習慣に関する許容範囲が違います。牡牛座は元来、快適さと喜びをよしとしますが、習慣性に関しては問題があり、食の悪い嗜好に興じたり、運動不足になったり、カラダを甘やかしたりします。

土の要素の人は、他の要素の人たちよりも、習慣については容易に受け入れられるし理解することができます。一方、火のサインの人は習慣に対してあまり寛容ではありません。それから同じ要素のサインでも、習慣に関する許容範囲が違います。牡牛座は元来、快適さと喜びをよしとしますが、習慣性に関しては問題があり、食の悪い嗜好に興じたり、運動不足になったり、カラダを甘やかしたりします。

乙女座は習慣の神髄だと言ってもいいほどです。彼らの活発な精神状態や客観的視点は、人生の早い時期から、習慣づけることこそが、変化し続ける現実を管理するための安全な手だてであると理解するのです。乙女座の子供は時に反抗したり、命令や躾に対して矛盾した態度を取って、扱いづらくなることもあります。親はこの態度を不服に思いますが、乙女座の子が学んだり、習慣を身につけることを拒んでいる時、大人がその目的をその子に理解させることはどうやってもできないし、大人はその子が実践することの助けには決してならないのだということを、説明しなければなりません。大人の要領の悪さ以上に、その子たちをさらに不安にさせるものはないのです。

山羊座は、今回の習慣というテーマに卓越しています。彼らは実践的で、習慣が目標に到達するための優れた手だてであることを人生の早い時期に見出します。彼らには完璧主義的な傾向があり、間違いを起こすことへの恐れ故に、活動できなくなることもありますが、通常は習慣の熟練者だと言えます。多くの人は山羊座の継続性を賞賛し羨みますが、矛盾しているのは、山羊座にとってはそんなことはどうでもよくて、ただ結果を求める人種なのです。土のサインの人からしたら、課せられたルールや決まり事から自由でいて、毎日を新しく始められる人々が羨ましいのです。

火のサインの人は、土の人と真逆の性質です。日々の決まりきった日課を続けることは、本人が気づいていようがいまいが、個人的な特別な信念を必要とするのです。たとえば、ジョギングや健康的な食事やヨガを続けるなどの習慣を身につけるということは、それが自分のためになることであると確信している、ということを意味します。これは、火のサインの人にとって、非常にデリケートに扱いたい考え方です。つまり、彼らがその考えに共感するということは、その信念を受け入れているということであり、自分の理想と結びついていることになるからです。山羊座や乙女座にとっては、習慣は単なる道具でしかないのですけれどもね。

さらに複雑なことに、習慣は権威とも絡んでいます。良い習慣や日課は、内なる強い権威であり、毎日継続するという修練だとも言えるでしょう。しかし、火のサイン、とりわけ牡羊座の人は訓練を強いられることを好まないし、時には激しく嫌悪するほどです。

このようにして火のサインの人にとっては、習慣化するのはとても大変なことなのです。彼らは実践を課すような自己抑制行為は断固受け入れないことを誇示しさえします。牡羊座が日々の稽古や日課を厳格な権威と結びつけて考えようとしてもうまくいきません。牡羊座の個性は、自分自身を暴君と闘う英雄のようなものだと考えるのですが、良い習慣を止める行為が、悪党を打ち負かすことのように意義あるだと考えたりします。獅子座は、自分に忠実過ぎて、いつか遠い未来に利益をもたらすだろう訓練を受け入れるなんてできない、と考える傾向があって、納得できないし、強迫観念に囚われたくないのです。射手座は、単純でもっとハッキリしていて、習慣に対してただ余裕で微笑むだけです。射手座にとっては、人生はあまりに神秘的で、驚きに満ちて豊かなので、機械的に日課を行うことに時間を浪費することなど考えられないのです。

誰も習慣や日課なしには生きられず、食べること、消化すること、呼吸すること、仕事をこなすことなど、習慣や日々の決まり事が、日常生活をうまく送ることの手助けをしてくれるし、衝動や食欲をコントロールするのに必要なものなのです。秩序と混沌の中でうまくやりこなすための網目のようなものを習慣が構築してくれますし、良い習慣がなければ、喫煙や、さらに深刻な神経症的な癖など悪い習慣に至ってしまうかもしれません。良い習慣を取り入れることを拒む人たちが、悪習慣の泥沼に嵌ってしまうのをみる度に、私はいつもショックを受けています。

私たちはパターンに陥りやすい傾向があります。構造や仕組みが持てないことで崩壊してしまうという無意識の恐れがあるのです。土のサインの人が日課をなくしてしまうことを恐れる理由はこのためなのです。本当に人生と向き合うことを否定すれば、他の神経症的な行動に至ってしまうかもしれません。自発的で自由な討論と決まりきった計画、自由と束縛、有機的生命と人工的構造物、、という相対する二元性の中で私たちは生きていくのです。このダイナミクスは人間性の発展に必要不可欠のものなのでしょう。

習慣は基本的にはシンプルで地味で謙虚なものです。火のサインの人は、率直な肉体を満足させることへの願望を諦め、委ねられた時にのみ、良い習慣を楽しんで行うことが出来るのかもしれません。(続く)
(風と水のサインについては次回書きます)

習慣について (2)

___________________________

HABITS I

‘By the force of the habit’ was the first expression in English which made me ponder on my own attitude towards life; I was 8 years old and I was taking private lessons to catch up with the new school system. The teacher expanded herself to explain the difference between customs, routines and habits.

After all, brushing my teeth every day, taking a bath, or doing homework did have a purpose; it was a tool adults used to educate children, and more important, one could get benefits from acquiring habits. Besides of keeping out of trouble with parents and teachers, one could attain goals such as training one’s pets, learn more games and understand people. From the perspective of the adult I am now, I can see that habits meant power for the type of child I was; that child was feeling hopeless in his life before the discovery of habits.

After that, I learned that there were bad habits; though exciting, these had distressing results. Coke with condensed milk, lollipops or stick candies every day lead directly to the dentist’s torture room; to mention only some of the dire consequences of bad habits.

An earthy temperament accepts and understands habits more easily than the other elements; fiery signs are the less tolerant to habits. But there is a degree of tolerance even within the cycle of the signs of the same element. Thus, Taurus, naturally inclined to comfort and pleasure, may have a hard time with habits; this sign can indulge on bad eating penchants, body postures or lack of exercise.

Virgo represents the very essence of habits; their alert state of mind and their objective vision makes them, very early in life, discover that habits are the safest road to managing a reality that is constantly changing. Virgo children might have paradoxical reactions to order and discipline, they can seem resistant and messy. Parents usually complain about this, but we have to explain to them that when a Virgo child refuses to learn or acquire habits, it means that the adults are not helping them to understand the purpose of a certain routine, or that they are not supporting them in the practice. Nothing makes these children more anxious than the inefficiency of adults.

Capricorns become experts in this theme, they are very pragmatic and they discover, early in life that habits are an excellent tool to achieve goals. Although their tendency to perfectionism and their fear of making mistakes can paralyse them, they normally become masters of habits. People might admire or envy them for the constancy, but the paradox here is that Capricorns do not care about it, only about the results. Other paradox is that Earthy signs envy those who can start every day, anew, free from self imposed rules and protocols.

Fiery signs show a radical contrast with the earthy ones. Consciously or unconsciously, practicing routines implies an intimate conviction; if I acquire a habit, such as jugging or eating healthy or practicing yoga, it means that I am convinced that those practices are good. This is a very sensitive notion for a fiery sign; they only accept a conviction if he or she identifies with it; and this has to be associated to an ideal; but from a Capricorn or Virgo point of view habits are only tools.

And more complicated than this it is the authority issue; good habits and routines suppose a strong inner authority, some discipline, to keep going. But fiery signs, Aries in particular, dislike or even hate to be imposed a practice.
Thus fiery signs have a very tough time with good habits; some even boast about their rebellious attitudes against the self-restrain that a practice imposes. The moment an Aries identifies a routine or a good practice with rigid authority, it becomes a lost case. That Aries individual would feel that he or she is a sort of hero fighting against tyranny; in such a case, quitting a good habit would mean beating the bad guy. As for Leos, they tend to think that they are too royal for submitting themselves to a practice whose benefits might come, if at all, in a distant future; they cannot be convinced and they deem themselves above those earthy obsessions. Sagittarius’s attitude is simply but more radical, they only smile at it; for them, life is too mysterious and too rich with surprises to be squandered in mechanical routines.
The fact is that nobody can live without habits and routines, these help us to cope with everyday life, eating and digesting, breathing, performing tasks; we need habits to control our impulses and appetites. Habits create a sort of net which helps us to cope with order and chaos. The absence of good habits brings along bad habits, such as smoking, or more serious neurotic schemes. I am always shocked when I discover that those who refuse to adopt good routines are engulfed in a swamp of bad habits.

We tend to hold ourselves by means of patterns; there is an unconscious fear of disintegration without a system. For this reason Earthy signs are terrified of losing their routines; and, sure, this can lead to another kind of neurotic behaviour, the denial of making contact with real life. And so goes on and on the dialectics (contradictions) of spontaneity and routine programs, freedom and cages, life and artificial constructions. This dynamics seems to be necessary for the development of humanity.

Habits are fundamentally simple and humble; only when a fire sign surrenders the will to the sensual pleasure of simplicity can she or he enjoy good habits.
(We will talk about Air and Water in our next article)
[PR]

by Xavier_Astro | 2015-03-01 00:00 | 占星術  

<< 習慣について(2) 私たちはなぜ病気になるのか?... >>